ジャスミン精油のメッセージ~香りが苦手な時・好きな時の意味

ジャスミン精油の香りが苦手な時の意味~おみくじアロマ・メッセージ

自由な波にゆれる女性性を受け入れ変化をポジティブに楽しみましょう

もしあなたがジャスミン精油の香りを甘すぎて拒絶感を持つとしたら、女性性に対して何かブロックがあるのかもしれません。

女性らしさと言われる体の丸み、繊細さ、優柔不断さ、気分の浮き沈みといった不安定なものが自分の中にあることを許せないでいませんか?

または女性だからといって、美しさ、可愛らしさ、柔軟性を求められることにうんざりしていませんか?

男性と同じように外で働いているのに、家事もすべて女性がやることに不満があるかもしれません。

あなたの中にある女性特有の資質を否定することは、自分を否定することにつながります。

女性だから母性が強くて家事や子育てが大好き!とは限りません。

それで良いのだということを、まずは自分自身で認めてあげましょう。

ジャスミン精油の香りが好きな時のメッセージ

心を満たすケアが必要です

もしあなたがジャスミン精油の香りを好ましく必要だと感じているなら、心を満たすための時間を積極的につくりましょう。たとえば良き理解者と語り合うこと、音楽や美術などアートを楽しむこと、自然を散策すること、ジャスミンの香りの中でゆったりとアロマバス・・など。

最近、愛する何かを失うこと、自信を失うこと、存在価値を否定されるようなショックな出来事がありませんでしたか?

力を注いできたお仕事がうまくいかない時、能力を否定されるようなことがあった時、傷ついた心を優しく包んでくれるのがジャスミン精油の甘い芳香です。

女性の場合、更年期の心と体をサポートする芳香でもあります。

女性の閉経期は、エストロゲンの減少によって心身ともにバランスが崩れる時期です。少ないエストロゲンの量に体が慣れるまで、体調も心も大きな揺れを体験します。

自分ではどうしようもない「老い」を感じる時、女性としての自信も、社会人としての自信もゆらぎ無力感に苛まれることがあります。

この変化がおこる更年期というのは、女性だから男性だからという性別を超えて、一人の人間としてこれからどう生きるかを問われる時期です。

それには高い視点から遠くを見据える俯瞰力が必要です。

老いも死も避けられないことだということを受け止めつつ、だからこそ今を輝かせることにエネルギーをそそぐために高い視点を与えてくれるのです。

ジャスミンからあなたへのメッセージ

ジャスミンは英語でJasmine。うっとりと優雅で甘いジャスミン精油は、愛らしい白いを700kgからわずか1kgしか採れない大変高価な精油です。

そんなジャスミン精油のスピリチュアルアロマ・メッセージは

美と調和。やりたい事とやらなくてはいけない事のバランスが崩れていませんか?

美しさは調和からうまれます。

「余裕のなさは美しくない。」

時間におわれ、忙しくしている身には手厳しいメッセージです。一日の時間の使い方のバランスがとれていないと美しい一日は過ごせません。

また、あなたが女性なら女性として、妻として、母として、社会人としてのバランスにお悩みではありませんか?

  • 子育てを楽しみたいのに仕事が忙しくて家ではイライラして子供にあたってしまう
  • 家庭は大切だけれど、社会に置いていかれているような焦りを感じる
  • キャリアアップしたいのに、家庭を考えるとこれ以上はエネルギーをそそげない

時間の使い方、エネルギーを注ぐバランスが自分の思うとおりにはいかないイライラが募るとき、ジャスミン油はよく選ばれます。

家事、育児、趣味やおしゃれなど(私)の感性は女性性。
それに対し、仕事、PTAや地域の役員、ボランティアなど社会活動は(公)の男性性が関係してきます。
誰にでも女性性と男性性が陰陽のバランスで存在し、個人によってどのバランスが心地よいのか千差万別です。
そこにマニュアルはなく、自分の中での黄金律を探していくしかありません。
バランスが崩れると特別な理由もなくイライラしたり、無気力になったり、自分のコントロールがきかない落ち込み方をしたりします。
そんな時、ジャスミン精油は誰が悪いわけではなくバランスが崩れているだけですよ、と教えてくれるのです。

無気力からの脱出。高い視点から自分をとらえなおしたい時に・・ジャスミン精油

ジャスミン精油のプロフィール

英名:Jasmine

日本名:ジャスミン

学名:Jasminum offcinalis (Absoluete)

科名:モクセイ科

抽出部位:花

抽出法:有機溶剤抽出法

主な産地:アルジェリア、モロッコ、エジプト、イタリア、フランス

主要成分:エステル類(神経バランス回復、鎮痙攣、鎮静、鎮痛、血圧降下など)

体への効果:分娩促進、不眠症

心への効果:リラックス、精神安定、不安やショックを和らげる

チャクラ:2番、4番、7番

禁忌:催眠作用があり集中力をさまたげる可能性があるため運転などは注意。1滴の濃度が高い(採油率が低い)ため、使用量を控えめにすること。

また、ジャスミンの成分は熱に弱いため有機溶剤抽出法によるアブソリュートです。溶剤が精油中に残留する可能性があるため、肌に塗布するのではなく芳香浴で心理面のケアとして使うのが一般的です。

ジャスミン精油と精油リーディングのお話し

精油リーディングでジャスミン精油が選ばれる時は、多忙すぎて疲労困憊している方と、無気力で落ち込んでいる方のどちらかが多いように思います。

疲労困憊している方は、睡眠不足、栄養不足、時間そのものが足りない、という「足りない」問題に直面していて、このまま自分が身を削って消耗し続けるのではないかという不安を感じていらっしゃいます。
無気力で落ち込んでいらっしゃる方は、定年後やお子さんが巣立った後の空の巣症候群のような状態で、時間もお金もあるはずなのに氣力が出てこない、という問題をかかえていらっしゃいます。
どちらの場合も、女性でしたら女性ホルモンが大きく関わっていることが多く、生理が整うようにケアをすると様々な問題が好転することがあります。

40代以降、妻や母という役割ではなく、一つのスピリットとしての生き方を考える時、ジャスミン精油は力強くサポートしてくれます。

人生100年時代を迎え、更年期以降が女性にとって本当に幸せな時期だといえる時代になってきました。

更年期世代の皆さま、スピリチュアリティを磨き続ける豊かでワクワクする旅をジャスミン油とともに味わいましょう!