精油リーディング誕生物語

 

皆さんは、ふと思いついたひらめきを、形にしたことはありますか?

何の脈絡もなくやってくる「ひらめき」は、ほとんどの場合スピリットからのメッセージです。こういう物を作りたいからと頭で考えて、うーん、うーん、とアイデアをひねりだすのとはまったく違う経緯です。

突然見えたビジョン(映像)に対して、ああ、私はこういうものを作らないといけないんだなあ・・というような感覚で、何のためにとか、何の役に立つとか、全然わからないけれどやらないといけないんだなあ・・というようなものです。

精油リーディングのメソッドもそうして生まれました。

それは2011年・・311東日本大震災がきっかけでした

私の住む湘南では地震による大きな被害はなかったものの、心理的なショックは大変なものでした。地震のあった3月から数ヶ月はサロンは開店休業状態。店舗を借りていた仲間のサロンは次々と廃業していきました。

いつどうなるかわからない時代の中で、本当に自分がやるべきことはなんだろう

多くの日本人が転機を迎えたように、様々なことがおこり、私も自分を偽ることなくメッセンジャーとしての役割を全うしなければならないのだと強く感じました。

覚悟が決まるとすぐにスピリットガイドから精油リーディングのメソッドをつくりあげるようメッセージがきました。

それは、一本の茶色い小瓶にクリスタルがゆれている映像でした。

スピリットからのビジョンが届きました

でも突然こんなの作れっていわれてもあまりに雲をつかむような話で・・

アロマ製品を取り扱っていましたので、ボトルはすぐ手配できそうでしたが、中身は?何のために?どうやって使うの?ということがまったくわからない

ただ、悩んでいる方がご自分でメッセージを受け取れるようになるために、こんなモノを作ることになるんだなあ・・という漠然としたイメージです。

皆さんも、こんな思いつきを現実に形にすることがいかに大変か想像していただけますよね。私も日々に追われて行動に移さずにいました。

必要な時に必要な人があらわれる日々

すると、翌2012年になるとサロンにいらっしゃるお客様から「わかりやすい言葉でアロマのメッセージを受け取れるものがあればいいのに・・」と何人も何人も言われるようになりました。

行動しない私にスピリットガイドがお客様の声を通して催促していることは明確でした。

それでも忙しさにかまけて行動に移さずにいると、ついに知人のヒーラーさんが訪ねて来て

「あなたが全然動かないから、私のところへ催促のメッセージがきましたが、スピリットガイドに何かアロマのメソッドを作るように言われていませんか?」

と、面と向かって言われてしまいました。

そうして重い腰を上げて、今までおこなっていた独自のアロマカウンセリングをベースに、試行錯誤が始まったのです。

中身はわからないけれど、8本のボトルで、チャクラに対応している、ということはわかっていました。そして瓶にはクリスタルが揺れていました。

私は不器用なので、チャームなど作れません。

するとサロンでチャネルのセッション中に、そのボトルと似たビジョンが見えるお客様がいらっしゃいました。

そこでボトルのイメージを伝えて「こんな感じの作れますか?」というと、あっという間に形にしてくださいました。

それが今も使っているリーディングボトルです。

その方は、これからクリスタルを使ったアクセサリー作品を作っていきたい、というご自分のビジョンをお持ちの方でした。

今考えると、それも本当に不思議な出逢いです。

新月、クリスタル、肝心のブレンド

さて次はいよいよ中身です。

このボトルの中身をつくる日は「新月」である、というメッセージも来ていました

月のエネルギーが必要なのだそうです

そして新月のたびに30種類以上の精油を使ってブレンドの思考錯誤です

こんなテストボトルを何回も作りました。

どれが正解なのか、どういうクリスタル、どういう色、どういう香の組み合わせが正しいのか・・本当に手探りの毎日。

やがて試行錯誤の上、28種類の精油とブレンド内容も決まり中身が完成しました。

仕上げの浄化方法

いよいよ仕上げの段階です

仕上げに「浄化」が必要なのはわかっていましたが、それは月光でもなくクリスタルでもなく(両方中に入れているからでしょうか?)、ホワイトセージの煙でもなく、塩でもなく・・・

考えあぐねていた時シンギングボウルと出逢いました

その時の私にシンギングボウルの知識も技術もありませんでしたが、「これだ!」という確信がありました。

不思議なタイミングでシンギングボウルはすぐに手に入り、基本の鳴らし方も教えていただくことができました。

シンギングボルの音はまるで何十人ものお坊さんがお経を唱えているようです。

悩み傷ついている人々をこれ以上傷つけることがないように・・

ほんの1滴でチャクラがバランスするこの強いパワーが、どうか良い方向で使われますように・・
祈らずにはいられません

こんなふうに不思議な出逢いを重ねて、様々な人のお力を借り精油リーディングのボトルが完成しました。

自動書記によるメッセージの書きおろし

でも一番大変だったのは、ボトル一本につき4つのメッセージを書きおろすことでした。

自動書記という手法を使って、一本ずつ書きおろします。

8本のボトルx4パターンのメッセージなので、合計32のメッセージです。

はじめは一つずつ長いメッセージを自動書記でおろします。おろしたメッセージは脈絡がなかったり、文章がおかしかったり、わかりにくかったりしますので、後日あらためて読んで、どなたが読んでもわかるように、わかりやすい言葉で、短く明快にまとめる作業をおこないました。

それが現在も個人セッションで使っているリーディングカードであり、精油リーディング講座でお渡ししているリーディングブックの中身です。

このメッセージは私が頭で考えたものではなく、自動書記でおろしたものですから、セッションをしていて新鮮な驚きとともに、感動しながらお客様にメッセージを伝えています。

そこから6年間、たくさんの方に精油リーディングを体験していただき、目をキラキラさせて笑顔をとりもどされるお姿を拝見して、このメソッドを作ることができて本当に良かったと感じています。

完成したと思ったのに・・

サロンでの精油リーディングの個人セッションは本当に好評で、はじめから皆さんに喜んでいただくことができ、自分自身がそのパワフルな効果に驚くばかりでした。

そして今度は多くの方に使っていただこうと、第三者へのリーディングができる精油リーディングセラピスト講座を2013年からスタートしました。

けれどもこちらの方は問題山積でした。

数年経ち、28種類の精油をブレンドしたボトルで第三者をリーディングするのは「誰でも簡単に」というわけにはいかないことがわかったのです。

リーディングの言霊というのは、人の人生を左右する可能性さえあ大きな力を持ちます。

それを扱うにはやはり使命と覚悟と技術が必要です。

みんなが求めているのは「誰でも簡単に精油を通してメッセージを受け取ること」であって、難しいカウンセリングの技術を伴うプロ用の技術ではないのだ、ということがわかってきたのです。

まだ本当の完成ではありませんでした。

誰でも簡単に精油を通してメッセージが受けとれるようになるために

自分とまわりの人をハッピーにするために、もっと手軽に広く楽しんでいただける形にしよう!

そんな思いから、誰もが簡単に手に入る市販の精油のボトルを使って、セルフリーディングできるように少し変更を加えました。

こうして、ここまで6年かかってしまいましたが、誰でも簡単にアロマのメッセージを受け取れるメソッドが2018年にようやく完成したのです。

そのセルフリーディングの方法をすべてお伝えするのが精油リーディング講座です。

この6年間本当にいろいろなことがありました。

まだまだ書ききれないたくさんのドラマの上に、今の精油リーディングが完成しました。

精油リーディングのセッションを受けてくださった皆様、学んでくださった皆様、知識や技術を教えてくださた皆様が、道案内のように要所ごとにあらわれ、導いてくださいました。

それは、暗いトンネルで迷われている方が、ご自分が独りではないこと、たくさんの応援団に見守られていること、ご自分の中に素晴らしい力があることを想い出していただくために、精油リーディングのメソッドが必要だったからだと思います。

まずは自分が幸せの一滴になって、まわりを穏やかに照らし「大丈夫だよ」と言ってあげられる人になるために、どうぞ精油リーディング講座を学びにいらしてくださいね。

長い物語をお読みいただき、ありがとうございました!

傷ついた心によりそうために、大切にしていること

私がスピリチュアルメッセージをお伝えする覚悟をした時、スピリットガイドから厳しいメッセージが届きました

見える聴こえるといって 惑わせてはならない

いま困ってはいない人の 蓋をあける必要はない

扉をたたかれたら 開ければいい

人を助けられると思うのは 傲慢である

私たちにできることは ただよりそうことだけ

何年たっても、この言葉を胸にお悩みの方に誠実に向き合っていきたいと思っています

心がモヤモヤした時は、精油リーディングを想い出してください

山のサロンでご縁のある貴女をお待ちしています

Energy Field 2018.7.17 Akiko Hogan

取材申込・問合せ efieldaroma@gmail.com

過去の掲載記事:
マイレッスン(1997年・タラソテラピスト特集)/海のみえるホテル(1998年・ホテルサロン取材)/るるぶ・横浜鎌倉(1999年・サロン取材)/月刊ダイビングワールド(1999年・サロン取材)/SAITA(2000年・タラソ製品特集)/マフィン(2000年・サロン特集) SISEIDO LA・B(2001年・海に行こう特集)/日経ウーマン ココカラ(2001年・ワッツ取材)他/主婦の友社 婦人公論(2003年・自宅開業特集)女性自信(2004年・バスソルト特集)/はじめての癒しサロン(2005年・技術評論社・お店やろうよシリーズ)/湘南物語(2005年リラックス特集)/セラピスト(2007年何度も行きたくなるサロン特集)/湘南スタイル(2009年8月号)ほか/湘南経済新聞(2010年4月)他多数